catch-img

製造業における採用のポイント!人材を定着させるためにできること

製造業を営む企業にとって、人材不足は重大な課題の一つです。

従業員の減少が進むと事業の存続も難しくなるため、採用担当者はできるだけ早く対策を講じる必要があります。そのためには、なぜ製造業は人材の確保が難しいのか把握しなければなりません。

本記事では従業員を定着させるポイントが分かるように、人材不足の理由と具体的な改善法などを解説していきます。


目次[非表示]

  1. 1.製造業の人材採用が難しい理由
  2. 2.製造業で人材がなかなか定着しないのはなぜ?
  3. 3.製造業で人材を定着させるためにできること
    1. 3.1.1.ITテクノロジーを活用する
    2. 3.2.2.キャリアアップできる環境を整える
    3. 3.3.3.従業員の評価制度を見直す
  4. 4.製造業の採用を熟知したコンサルタントのサポートも利用しよう!

製造業の人材採用が難しい理由

現代の日本は少子高齢化が進んでおり、労働人口の減少が社会問題になっています。

製造業も例外ではなく、人材を集められなくて悩んでいる経営者は少なくありません。業界全体に共通する事態ですが、金属製品や鋼鉄、輸送用機械などの分野では特に顕著です。また、同じ分野でも地域によって傾向が異なる点に注意しましょう。

人手不足のリスクが大きいのは、若者の都心部への流出が盛んな地方です。いずれにせよ、このように人材自体が減っており、採用の難しさに直結しています。


製造業で人材がなかなか定着しないのはなぜ?

採用した人材が定着しにくい理由として、給料の安さが挙げられます。製造業は、期間工のような正社員以外の働き方も盛んな業種です。それらの形態で雇用されると、収入が希望の額に達しない場合もあります。

このような状況が続いたり、先輩に待遇面の実情を教えてもらったりすると、もっと高い報酬を得られる仕事に転職する人もいるのです。また、スキルアップの機会が少なく、将来に不安を感じて辞める人もいます。

ルーティンワークとして流れ作業をこなすだけでは、限定的な技術しか身につけられません。それでは昇給やキャリアアップを期待できないため、自分の市場価値を高められる環境に移るというわけです。

さらに、人材育成をうまく実施できないことも理由の一つです。指導を担当できる従業員が不足しがちであり、十分な教育を行えないことが新人の定着を妨げています。




製造業で人材を定着させるためにできること

人材不足の原因を理解したら、どうすれば改善できるのかを検討しましょう。ここでは対策を具体的に紹介しながら、従業員を定着させるポイントについて解説していきます。


1.ITテクノロジーを活用する

製造の現場にITテクノロジーを積極的に導入する企業が増えてきました。自社に合ったものを活用すると業務効率を改善できるからです。

生産性の上昇だけでなく、従業員の定着も促せるようになります。たとえば、最適なスケジューリングを行える管理システムがあれば、無駄な作業を省くことで、1人あたりの負担を減らすことも可能です。また、専門性の高い工程をロボットやAIに任せることも有効な手段といえます。

技能人材の不足をカバーできるうえに、工程と従業員の能力のミスマッチを防ぎやすくなるからです。こうして負担や難易度の面で不満が減ると、働きやすくなったと感じ、これからも勤務したいという意欲が湧きやすくなるでしょう。


2.キャリアアップできる環境を整える

向上心を持って仕事に臨めるようになると、その職場への定着が進みます。そこでポイントになるのが、キャリアアップしていける環境を整備することです。いつまでも簡単な作業を割り当てるのではなく、責任を伴う仕事を担当させましょう。

頼られているという感覚がモチベーションを維持してくれるので、自発的に行動するスタンスが身につきやすいです。積極的に学ぼうとする意識も喚起されるため、人材育成の効率が良くなることも期待できます。

さらに、受験費用を企業が支払うなど、資格取得のサポートを行うことも効果的です。資格を目指すことはスキルアップの機会にもなり、それらによって得意な仕事が増えると勤務を続けやすくなります。


3.従業員の評価制度を見直す

貢献度が待遇に正しく反映されるように、従業員の評価制度を見直しましょう。目標があると継続的に働きやすくなるため、短期と長期の両方について細かく設定します。

それらを目指す働き方を推奨し、昇給と昇格の条件を明らかにすることも忘れてはいけません。そして、期末などのタイミングで目標の達成度をチェックして、それに基づく評価をすることが大事です。

従業員も納得できる内容であれば、次に向けてまた頑張ろうという気持ちにつながります。十分な成果を出せなかった場合も、責めるのではなく、努力した点を踏まえて改善の方針を示してあげましょう。このようなフィードバックを含む適正な評価制度は離職の予防に役立ちます。



製造業の採用を熟知したコンサルタントのサポートも利用しよう!

製造業で従業員を定着させるには、人材不足の原因をはじめとして多くの知識が必要になります。うまくいかずに悩んでいるならプロに力を借りることも一つの手です。

「ジョブコンプラス」はブルーカラーの仕事を専門とする求人情報サイトであり、製造業の採用に精通している求人コンサルタントのアドバイスを受けられます。人材獲得の最適なプランも提案してもらえるので、まずは資料をダウンロードしてみると良いでしょう。


工場・製造業の採用でお困りの方はこちら>>

ドライバーの採用でお困りの方はこちら>>

警備員の採用でお困りの方はこちら>>


ジョブコンプラス運営
ジョブコンプラス運営
製造業・運送業・警備業を中心に人材不足に悩む1000社以上の企業へ採用コンサルを行ってきました。 ブルーカラー業界30年のノウハウをもとに、採用できる求人ノウハウをお教えします。

工場・ドライバー・警備の採用は
ジョブコンプラスで解決!

まずはお気軽にお問い合わせください

新着記事一覧

製造業の人材採用なら
ドライバーの人材採用なら
警備の人材採用なら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧