ブルーカラーが人手不足な理由は?

ブルーカラーが人手不足な理由は?人材を確保する3つの方法!

仕事はあるにもかかわらず、人材が確保できずに頭を抱える企業の採用担当者は多いのではないでしょうか。多くの業界で人手不足が問題になっていますが、とりわけブルーカラーの人手不足は深刻です。

本記事では、ブルーカラーが人手不足となっている理由から、その状態を解消するために企業の採用担当者がすべきことなどを解説します。

適切に対応することにより人材不足を解消し、事業を滞りなく進めることができるでしょう。


目次[非表示]

  1. 1.1.ブルーカラーが人手不足なのはどうして?
    1. 1.1.そもそも労働人口が減少しているから
    2. 1.2.肉体労働が敬遠されるから
    3. 1.3.給料や福利厚生が良くないから
  2. 2.ブルーカラーの人手不足が及ぼす影響
  3. 3.ブルーカラーが人材を確保する3つの方法!
    1. 3.1.1.外国人や女性を採用する
    2. 3.2.2.IT技術を取り入れる
    3. 3.3.3.労働環境や福利厚生を見直し離職を防ぐ
  4. 4.ブルーカラーに強い求人情報サイトも利用しよう!

1.ブルーカラーが人手不足なのはどうして?

人手不足となっている理由を知らなければ適切な解決策を導き出すことはできません。

ここでは、ブルーカラー人材の確保が難しくなっている理由をまとめます。

それらを把握したうえで対策を検討してみましょう。


そもそも労働人口が減少しているから

業種・職種問わずに、日本では労働人口そのものが減少しています。少子高齢化社会が進んでいることが最大の原因です。

定年退職の年齢を引き上げるなどの動きは見られますが、それでもすぐに労働人口の減少を食い止めることは難しいでしょう。そうした影響もあり、日本における有効求人倍率は増加傾向にあります。


つまり、求人数が求職者数を上回り、企業が求人を出しても応募者がなかなか増えないため人手不足が継続している状態となっているのです。


肉体労働が敬遠されるから

多くの職種の中でも肉体労働が伴うことの多いブルーカラーは、きつい・汚い・危険などのイメージから敬遠されがちです。

特に若年層はホワイトカラーを選ぶ傾向があり、ブルーカラーはもっとも体力のある若者から避けられている現状があります。

また、シニア層や女性も肉体労働が難しいと考える傾向が強いため、ブルーカラーを選ぶ人の数そのもの少ないのです。労働人口の減少が続く中、こうしたイメージをもたれ続けてしまうことは、多くの企業にとって悩みのタネとなっています。


給料や福利厚生が良くないから

ブルーカラーの職種は肉体労働など体を酷使することが多いにもかかわらず、給与が低いケースが多々みられます。日給制の企業も少なくなく、かつ作業状況や天候、そのときどきの政治や経済などの情勢の影響も受け仕事が増減するため、収入が安定しづらい点も否めません。

また、シフト制を採用する企業もあり、まとまった休みが取得しづらいことも、ブルーカラーを敬遠する人が減らない理由でしょう。

加えて、最低限の福利厚生だけしか整えられておらず、ホワイトカラーなどにみられる魅力的な福利厚生のない企業が多いことも、ブルーカラーの人手不足に拍車をかけています。


ブルーカラーの人手不足が及ぼす影響

ブルーカラー人材の確保が遅れると、企業や現場に多くの悪影響を及ぼします。若手や新入社員の確保が滞れば、下準備や雑用などを中堅社員やベテラン社員がしなければならなくなるでしょう。


それらが必要かつ重要な作業であったとしても、高い技術を身につけたベテラン社員の本来の業務に専念する時間や体力が削られてしまうことで、効率的に作業を進めることが難しくなります。それにより現職社員への負担増による離職率の増加や、業務効率の低下により企業の成長力や競争力が低下する恐れがあるのです。


また、新たな人材を確保できなければ技術や知識を若い世代へと継承することもできません。そのような状態が続くことにより、企業によっては倒産や廃業へと追い込まれるリスクも徐々に高まってしまうでしょう。



ブルーカラーが人材を確保する3つの方法!

ブルーカラーの人材を確保するには、どのような方法を検討・実践する必要があるのでしょうか。企業の採用担当者が検討すべき3つの方法について紹介・解説します。



1.外国人や女性を採用する

採用の間口を広げることで、人材確保の可能性高めることができます。特に、女性や外国人を積極的に採用することを検討してみましょう。肉体労働が業務の中心となる多くの企業は、女性や外国人では難しいないかと考えがちです。まずは、そのような先入観や固定観念をなくすことが重要です。

外国人の採用を検討する場合は、入管法などの法律を遵守するため環境整備も進めなければいけません。不法就労とならないよう在留資格を確認するなどの手続きが必要となるので注意しましょう。そうした知識を得ることも採用担当者には求められます。


2.IT技術を取り入れる

どうしても人手が確保できないのであれば、産業用ロボットを含めたIT技術の導入を検討してもよいかもしれません。自動化を進めることができれば人手不足をカバーできるとともに、業務の効率化を実現することも可能です。

IT技術の導入は初期投資や運用コストがかかるものの、作業手順の簡略化や人件費の削減、事故の防止などにもつながるため、長期でみればコストパフォーマンスのよい取り組みとなるでしょう。また、そうした環境が新たな人材の確保につながることもあります。安全性の高い現場であれば、働くことに魅力を感じる若い人も出てくるはずです。


3.労働環境や福利厚生を見直し離職を防ぐ

求職者が働きたいと思えるような労働環境や福利厚生にすることも非常に重要です。働く人たちがスキルアップできる環境を整備することで、既存社員の離職率を下げることもできるでしょう。

スキルアップがモチベーションの向上へとつながることに加え、特定の社員に多くの業務が偏ってしまうことも避けられるためです。人材の確保が難しいのであれば、このような取り組みで既存社員の離職を防ぐことも重要な対策となってくるでしょう。

そもそも待遇や環境などの労働条件が魅力的な企業には、自然と人が集まります。求人を出す段階でそれらがアピールできれば応募者も増え、人手不足の解消へとつなげられるはずです。



ブルーカラーに強い求人情報サイトも利用しよう!

ブルーカラーの人手不足を解消し人材が確保できる状態を作り上げるには、さまざまな対策を講じ、あらゆる面からアプローチしなければいけません。

求める人材の確保がしやすい求人情報サイトの利用も、その一つとなります。多くの求職者にとって魅力的な条件を整えたうえで、ブルーカラーの仕事に特化した求人情報サイトである「ジョブコンプラス」へ求人を掲載してみましょう。応募者の数にも変化がみられるはずです。


工場・製造業の採用でお困りの方はこちら>>

ドライバーの採用でお困りの方はこちら>>

警備員の採用でお困りの方はこちら>>


ジョブコンプラス運営
ジョブコンプラス運営
製造業・運送業・警備業を中心に人材不足に悩む1000社以上の企業へ採用コンサルを行ってきました。 ブルーカラー業界30年のノウハウをもとに、採用できる求人ノウハウをお教えします。

工場・ドライバー・警備の採用は
ジョブコンプラスで解決!

まずはお気軽にお問い合わせください

新着記事一覧

製造業の人材採用なら
ドライバーの人材採用なら
警備の人材採用なら

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧